地域フレームワーク

TOMODACHIアラムナイ地域フレームワーク

TOMODACHIアラムナイ地域フレームは、7,000人を超えるTOMODACHIアラムナイと繋がることのできるプラットフォームであり、各地域の次世代リーダーをサポートするリーダーシップ育成プログラムと連動しています。

日本全国を7地域、10のチームに分け、東北・北海道地域(岩手チーム、宮城チーム、福島チーム)、関東地域(チームA、チームB)、中部・北陸地域、関西地域、中国・四国地域、九州地域、沖縄地域の各地域に2人地域リーダー(大学生、高校生)と地域メンター(少なくとも5~7年の勤続経験のある若手社会人)を任命しています。各地域リーダーと地域メンターは協働して年2回のイベントを主催し、年間を通じてスキル育成トレーニングに参加します。各地域リーダー・メンターの経歴についてはこちらからご覧いただけます。

TOMODACHI地域フレームワークは在日アメリカ大使館と各地域のアメリカ領事館にリーダーの選考やイベント会場の提供などを通してサポートを頂いております。

TOMODACHI地域フレームワークはTOMODACHIアラムナイ・リーダーシップ・プログラムの一環であり、プルデンシャルの偉大なるご支援の元で行われております。

地域リーダーとしての役割

地域リーダーチームの構成

TOMODACHIアラムナイ地域グループ

日本

TOMODACHIアラムナイ地域リーダーになろう!応募はこちら

TOMODACHIアラムナイ地域リーダーになろう!

応募はこちら

「TOMODACHIアラムナイ Regional Impact for Social Empowerment (RISE) Leadership Program」は、各地域のアラムナイ同士が「つながり、エンパワーメントし、インスピレーションを与え合う」機会を促進し、より拡張性・持続可能性を持って関わり続ける方法を編み出します。
この一年間のリーダーシップ・プログラムは、地域レベルでの社会イノベーションに注力します。各地域の「地域リーダー」は社会課題の発掘および解決に向けて取り組み、そのためのイベント企画や地域のアラムナイ・コミュニティのつながりをさらに強化する力を育みます。アラムナイとしてこれまでのTOMODACHIプログラムで得た経験をもとに、さらなるトレーニングとメンタリングを通じてリーダーシップ・ジャーニーを続けていくのです。

プログラムで学んだことや得たものを生かし、クリティカル・シンキングを通じて今度はアイデアを実現する挑戦にふみ出してしてみませんか?

本ログラムは、プルデンシャルの支援によるTOMODACHIアラムナイ・リーダーシップ・プログラムの一環として実施されています。

皆さんが住んでいる地域のTOMDOACHI世代のメンバーに刺激を与え、活動に積極的に参加してもらうために力を貸してください。それぞれの地域社会に機会をもたらすために新たなイベントを計画しましょう。地域リーダーに興味がある人は是非、応募してください。

詳細についてはこちらをクリックしてください。

今まで色々なTOMODACHIプログラムで「リーダーシップ」に関してインプットして来た。
今度は学んだものを地域のため、TOMODACHI世代の他のアラムナイのために、アウトプットするチャンス!

応募方法

こちらの申請書を記入の上、ご提出をお願いします。

応募締切:2018年12月1日(土曜日)23時59分まで(日本時間)

選考方法
1. 募集期間: 2018年11月
2. 選考(選考に残った応募者にインタビュー):2019年1月~2月
3. 2019年度地域リーダー・副地域リーダー発表:2019年2月28日

連絡先

地域フレームワークに関する情報はこちらをクリック。
ご質問はtomoalumniregional@usjapancouncil.orgまで。

応募方法

こちらの申請書を記入の上、ご提出をお願いします。

応募締切:2018年12月1日(土曜日)23時59分まで(日本時間)

選考方法
1. 募集期間: 2018年11月
2. 選考(選考に残った応募者にインタビュー):2019年1月~2月
3. 2019年度地域リーダー・副地域リーダー発表:2019年2月28日

連絡先

地域フレームワークに関する情報はこちらをクリック。
ご質問はtomoalumniregional@usjapancouncil.orgまで。

地域イベント

地域イベントは大別すると、リーダー及びメンターのためのトレーニングプログラムと地域リーダーが企画運営するイベントの二種類に分かれます。
また地域リーダーが運営するイベントの内、テーマイベントでは各地域のリーダーがTOMODACHIアラムナイの4つの基本理念である
「クリティカル&イノベーティブシンキング(CI)」、「市民活動(CE)」、「社会に出る準備(WR)」、「つながりと継続性(CS)」のいずれかに立脚したイベントを行っています。